森林の新たな所有者になった場合は届出が必要です

2015年5月21日

相続や売買、贈与等の理由で新たに山林の所有者となった場合には、森林法の定めに従い、届出が必要となっています。

届出が適切に行われることにより、森林の効率的な施業の実施で、適切な森林管理をすることにつながります。

「相続(贈与)で山の権利を引き継いだ」「うちの会社で○○会社から山の権利を買った」「山を管理していた団体の名称が変更になった」などで、新たに山林所有者となられた方(団体等)は、所定の届出書に記入をしていただき、農林振興課林業係まで提出をお願いします。

※旧八森町と分収林契約をしている山林については、これとは別の届出があります。


森林の土地の所有者届出制度の概要

届出書類(記載例もあります)

林野庁「森林の土地の所有者届出制度について」


◎お問い合わせ  農林振興課林業係(Tel:76-4609)

お問い合わせ

農林振興課
林業係
電話:0185-76-4609
ファクシミリ:0185-76-2113