児童手当について

2015年12月1日

児童手当について

 

1.支給対象

 

  中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の331日まで)の児童を養育している方

 

2.支給額

 

児童の年齢

児童手当の額(1人当たり月額

3歳未満

一律15,000

3歳以上小学校修了前

10,000

(第3子以降は15,000円)

中学生

一律10,000

 

 

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、月額一律5,000円となります。

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の331日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

 

3.支給時期

 原則として、毎年6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当を支給します。

 例)6月の支給日には、2~5月分の手当を支給します。

 

手続きについて

 

 1.認定請求

 

お子さんが生まれたり、他の市区町村から転入したときは、役場福祉保健課に「認定請求書」を提出してください。(公務員の方は勤務先にお届けください)

 認定後は、原則として、申請した月の翌月分の手当から支給します。申請はお早めにお願いします。

 

【認定請求に必要な添付書類】

 

○請求者の健康保険証

○転入された方は、所得・課税証明書

○請求者名義の金融機関の口座番号がわかるもの(通帳等)

 

 

2.現況届

 

現況届は、毎年61日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。

 提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

 受給者には、毎年5月末に案内文書を送付いたします。

 

お問い合わせ

福祉保健課
福祉係
電話:0185-76-4608