「移住・交流の促進」&「まちづくり事業」に取り組む団体を応援します!!!

2020年4月20日

町では「移住・交流の促進」&「まちづくり事業」に取り組む団体を応援します!!!

 

H29海の家づくり(交流促進事業)H29里山休耕地活用(まちづくり活動支援事業) 

 

 

 

【補助対象団体】(まちづくり活動支援事業・交流促進事業 共通)

   ・町内に在住、在勤の者5人以上で構成され、町内に活動拠点を有する団体

   ・政治活動、宗教活動、営利活動等を目的としない団体

   ・団体を構成する全ての者について、町税および使用料等の滞納がない団体 

 

 

 

=八峰町まちづくり活動支援事業= 

 

【補助対象事業】

   補助金の対象となる事業は、「少子高齢化対策」「空き家対策」「休耕地対策」「買い物弱者対策」など、地域が抱える課題解決につながる事業。

   ※補助金の交付を受けることができる事業は、一団体あたり3事業(事業内容が異なることが条件)までです。

 

【補助対象経費】

   上記、補助対象事業の実施に要する経費

 

【補助対象外経費】

 (1) 団体の事務所等を維持するための経費。ただし、活動拠点として必要不可欠な改良、拡張等に係る経費については、その限りではない。

(2) 団体の経常的な活動に要する経費
(3) 団体の構成員による会合の飲食費
(4) 団体の構成員に対する賃金、謝礼等
(5) 領収書等により確認することができない経費
(6) その他町長が不適当と認める経費
 

 【補助金額】

   補助対象経費の2/3、または50万円のいずれか低い方の額。 (1,000円未満切り捨て)

   ※同一事業を継続して実施する場合、2年目の補助率を1/2以内、3年目の補助率を1/3とします。

 

 【応募期限】

   令和2年6月30日()

   ※申請者によるプレゼンにより、事業の採択を決定します。

 

 

 =八峰町交流促進事業=  

 

【補助対象事業】

   (1)定住移住を促進するための体験活動事業(移住ツアー、田舎暮らし体験ツアー等)

   (2)交流人口の増加を図るための体験活動事業(町の資源を活かしたグリーン・ツーリズム等)

   ※補助金の交付を受けることができる事業は、一団体あたり2事業までです。

 

 【補助要件】

   次の(1)から(6)を含む要綱で定める全ての要件を満たす事業

 (1) 八峰町内を会場に実施される事業であること。

(2) 町内在住者を除く参加者が10名以上であること。
(3) 宿泊を伴う場合は、町内の宿泊施設を利用すること。
(4) SNS等を利用し、事業の様子を積極的に発信すること。
(5) 必要に応じてイベント保険等に加入しすること。
(6) 町やマスメディアの取材等に協力すること。
 

 【補助対象経費】

   上記、補助対象事業の実施に要する経費

 

 【補助対象外経費】

 (1) 不動産の取得に要する経費

(2) 補償費
(3) 交際費
(4) 既存の施設等の維持管理および更新に係る経費
   ただし、茅葺き屋根の葺き替え作業など、体験メニューの一つとして妥当性のあるものについてはその限りではない。
(5) 賞金
(6) 団体の構成員による会合の飲食費
(7) 団体の構成員に対する賃金、謝礼等
(8) 団体の構成員からの物品等の購入費
(9) 領収書等により確認することができない経費
(10) その他町長が不適当と認める経費
 

 【補助金額】

   補助対象経費の10/10、または30万円のいずれか低い方の額。(1,000円未満切り捨て)

 

 【応募期限】

   令和3年1月29日(金)

   ※要件を満たす申請であれば、随時、交付決定します。(先着順)

 

 

 詳細については、交付要綱でご確認ください。

 

 八峰町まちづくり活動支援事業補助金交付要綱

 

 八峰町交流促進事業補助金交付要綱〇

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

企画財政課
企画係
電話:0185-76-4603
ファクシミリ:0185-76-4603