インフルエンザを予防しましょう

2020年10月1日

 

 

1.インフルエンザとは

 

 突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛の症状が出る病気で、のどの痛み、せき、鼻水などの普通の風邪に比べて全身症状が強いのが特徴です。

 また、気管支炎や肺炎などを合併し、重症化することもあります。

 

 

2.インフルエンザの予防

 

 予防の基本は、流行前(10月~12月中旬)に予防接種を受けることです。また日頃から十分な栄養や休息を取ることが大切です。

 その他、外出時はマスクをする、帰宅時には手洗い・うがいをするなど普通の風邪と同じように予防しましょう。

 

 

 

 町ではインフルエンザ予防接種費用の一部助成を実施しています。

 

【助成接種期間】 令和2101日~令和3228

 

【助成対象者】

 

 

   高齢者

(定期接種)

 

 

接種日に満65歳以上

 

 

接種日に満60歳以上65歳未満の高度心・肺・腎機能で身障手帳1級程度をお持ちの方

 

 

若年者

及び妊婦

 

(任意接種)

 

 

6ヵ月児から満19歳未満(平成1442日以降生まれの者)

 

 

妊婦

 

 

【接種回数】 生後6か月から13歳未満は2回、13歳以上は1

 

【助成金】 1,400円/回

 ※医療機関の窓口で助成金を超えた額をお支払いください。

 

 

※乳幼児・妊婦の場合は母子手帳を持参してください。

 ※詳細は、医療機関に直接ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉保健課
電話:0185-76-4608