B型肝炎ワクチンの定期接種が始まります

2016年10月18日

 

◆B型肝炎ってどんな病気?

 

B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。感染源となるウイルスは血液のみならず、唾液や汗、尿などに含まれます。一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(キャリア)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命にかかわる病気を引き起こすこともあります。

 

◆特に、乳幼児は感染しやすい環境にあります。

 

乳幼児期は、家族以外にも集団生活の中で人と接触する機会が多いです。免疫が不十分なこの時期に感染するとウイルスが体から排除されず、キャリアになるリスクが高いです。このような感染しやすい環境にいるお子さんを守るためには、B型肝炎ワクチンの予防接種が大切です。

 

 

B型肝炎ワクチン接種の効果

 

◎体内にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。

◎十分な免疫ができるとキャリアになることを予防できます。 

◎周りの人への感染を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

定期接種対象者 平成2841日以降に生まれた、生後1歳未満のお子さん

 

                  定期接種対象者には、後日個別通知します。

  

 

          母子感染予防として健康保険でB型肝炎ワクチンの接種を受けた

                    お子さんは対象外です。

 

 

 

接 種 方 法 生後2か月頃から1歳の誕生日前日までに3回接種

 

 

 

1 回 目 ~27日以上~ 2 回 目 ~1回目から139日以上~ 3 回 目

 

 

 

1回目の接種から3回目の接種完了まで約半年間かかります。1歳を過ぎると

             定期接種の対象外になりますので、主治医とよくご相談ください。

 

 

 

接 種 料 金  無 料

 

 

 

 

 

 

 

 ◆平成28年度B型肝炎ワクチン任意接種料金への半額助成を継続

 

 

 

今回、B型肝炎ワクチン定期接種が対象外になってしまうお子さんは、“任意接種”として受けることができます。町では、引き続き任意接種料金への半額助成を継続しますので、この機会にぜひB型肝炎ワクチンの接種をおすすめします。

 

 

 

助成対象  平成2242日~平成28331日生まれ

 

  

助 成 額  接種1回につき接種料金の半額 ※上限5,000

 

  

助成回数  3回

  

 

申請方法  下記の必要書類をそろえ、福祉保健課窓口で手続きを行って下さい。

  

1.申請書 申請書(54KB)

2.領収書  3.母子手帳または接種済証

 

  

 助成期限  平成29331日まで

 

 

 

お問い合わせ

福祉保健課
電話:0185-76-4608