平成29年度住宅リフォーム推進事業について(受付中)

2017年4月21日

 

 

 町では、住宅投資による町内経済の活性化を図るとともに、既存住宅の耐久性・耐震性の向上、省エネ・省CO2対策など、住宅の増改築・リフォームにより、町民が安全・安心で快適な生活が営めるよう居住環境の質の向上を支援します!!

 

 

《補助対象住宅》

 

1.一戸建ての住宅

 

 住宅用車庫、物置含む。併用住宅の場合は、住宅部分の延べ面積が、建物全体の延べ面積の1/2以上であること。

 

2.マンション等の共同住宅(※対象者の専有部分のみ。賃貸住宅は除く。)

 

             

《補助対象工事》

 

1.増改築・リフォームに要する費用(消費税相当額含む)が30万円以上であること

 

2.町内の建設業者等が施工するものであること(施工業者は「八峰町住宅リフォーム支援事業認定工事店」の認定を受けた業者であること)

 

3.平成2941日以降に工事着手するものであって、かつ平成30331日までに完了実績報告書の提出ができる工事であること

 

ただし、次に掲げる工事については、補助対象外とする

 

公共工事の施工に伴う補償費の対象となる工事

 

門・塀等、いわゆる外構工事(リフォーム等工事に関わる工事を除く。)

 

・住宅用太陽光システムの設置に係る費用

 

他の補助制度を利用する場合で、当該補助制度で重複計上が認められない費用

 

その他、補助金の交付が適当でないと認められる工事及び工事費用

 

※なお、補助金の申請は同一年度内に1回限りです

 

 

《補助事業の種類》

 

○一般(持ち家)

 

<対象者>

 

・町内在住であること

 

・町税等に滞納がないこと

 

<補助額等>

 

・対象工事に要する費用の15%、上限30万円(千円未満切捨て)

 

○多子世帯(持ち家)

 

<対象者>

 

・一般の要件を満たしさらに18歳以下の子供が3人以上の親子世帯

 

<補助額等>

 

・対象工事に要する費用の25%、上限40万円(千円未満切捨て)

 

○子育て世帯(空き家購入後)

 

<対象者>

 

・一般の要件を満たしさらに18歳以下の子供が1人以上いる空き家を購入した親子世帯

 

<補助額等>

 

・対象工事に要する費用の35%、上限60万円(千円未満切捨て)

 

◎下水道新規加入助成金 ※上記3事業との併用可

 

・新規に下水道加入する場合は10万円。ただし住宅外から公共枡までの工事とし、該当工事分はリフォーム補助対象工事から除く。

 

 ※平成22年度から平成28年度に「八峰町住宅リフォーム緊急支援事業」等による補助金等の交付を受けている場合は、それを含み各タイプの上限とする。

 

 

《その他》

 

○申請の受付は、予算の状況により途中で締め切る場 合がありますのでご確認下さい。

 

県の「住宅リフォーム推進事業」も利用できます。

 

<一般(持ち家)> 

 

・対象工事に要する費用の10%、上限12万円(千円未満切捨て)

 

<多子世帯(持ち家)

 

・対象工事に要する費用の20%、上限40万円(千円未満切捨て)

 

<子育て世帯(空き家購入後)

 

・対象工事に要する費用の30%、上限60万円(千円未満切捨て)

 

ちらし(表)(281KB)

ちらし(裏)(144KB)

様式集(315KB)

 

 

 

お問い合わせ

建設課
建設係
電話:0185-76-4610
ファクシミリ:0185-76-2203