一般不妊治療費・不育症治療費を全額助成します!!

2020年4月1日

町では、不妊治療・不育症治療を受けているご夫婦の経済的・精神的負担を軽減するために、令和2年4月1日より、一般不妊治療・不育症治療(保険適用・保険適用外)の治療費を、一部助成から全額助成に変更します。

 一般不妊治療・不育症治療

対象者(下記のすべてに該当する方)

  • 夫か妻が1年以上八峰町に居住していること
  • 医療機関で不妊治療・不育症治療を受けていること(第何子でも適用)
  • 妻の年齢が43歳未満であること(43歳になった時点で助成対象外)

助成額

診療日の属する月から継続する期間、一般不妊治療費・不育症治療費の全額を助成します(ただし他の法令等による助成金を除いた金額)。

※当該年度内に受けた治療が対象です。

申請手続き

一年度ごとに、当該年度の末日(3月31日)までに次の書類等をそろえて申請してください。

  1. 一般不妊治療費(不育症治療費)助成申請書
  2. 一般不妊治療・検査受診等証明書
  3. 医療機関発行の領収書および薬局発行の領収書
  4. 夫婦の住民票(別世帯の場合は戸籍謄本)
  5. 夫婦の納税証明書
  6. 健康保険証の写し(夫婦それぞれ)
  7. 社会保険などから助成が出ている場合は、助成額のわかる書類

※助成金振込み先金融機関の通帳もご持参ください

申請書・チラシ

様式第1号 一般不妊治療費助成申請書(92KB)様式第2号 不育症治療費助成申請書(92KB)

令和2年度一般不妊治療・不育症治療チラシ(578KB) 

特定不妊治療

治療等内容

体外受精または顕微授精

対象者

  • 八峰町に住所を有している方
  • 秋田県特定不妊治療費助成事業に基づく助成の決定を受けている方

助成内容

特定不妊治療に直接要した費用の総額から、県事業に基づく助成額を控除した額で、1回の治療につき15万円を限度に助成します。助成期間は県事業の助成期間とします。

申請手続き

治療が終了した日の属する年度の末日(3月31日)までに次の書類等をそろえて申請してください。

八峰町特定不妊治療費助成金申請書

  • 県事業の受診等証明書(写)
  • 県事業の承認決定通知書(写)
  • 医療機関の発行した領収書(写)

秋田県特定不妊治療助成事業については、こちらをご覧ください。

こころとからだの相談室

思春期から更年期までの女性の健康や、妊娠、不妊、不育に関する悩みについて、医師などによる相談を行っています。男女問わず利用できます。お気軽にご相談ください。

面接相談

不妊・不育に関する検査、治療、費用等についての相談

相談日・時間:月・金曜日 午後2時から午後4時

不妊・不育にともなう心理的な相談

相談日・時間:第1・3水曜日 午後2時から午後4時

予約専門電話:(018) 884-6666 月~金曜日 午前9時から午後5時

電話相談 

不妊・不育に関する相談(全般)

相談日・時間:水・金曜日 正午から午後2時

電話相談専用電話: (018) 884-6234

 

※相談は無料です。面接相談では、検査や治療は行いませんのでご了承ください。

※面接相談は、1時間程度で、各曜日とも2組まで相談できます。

※面接・電話相談とも土日・祝日および12月29日~1月3日は実施しておりません。

お問い合わせ

福祉保健課
健康推進係
電話:0185-76-4608