八峰町事業継続臨時給付金(令和3年度)

2021年6月25日

新型コロナウイルス感染症の影響により、売り上げが減少している事業者を支援します。

 

◎八峰町事業継続臨時給付金(令和3年度)

 対象者

 

◎八峰町に本店もしくは主たる事業所を置く法人

◎町内に住所がある個人事業主

※確定申告により事業収入を申告している必要があります

 

 要 件

 

(1)令和2年12月31日以前に事業を開始した者で、現に事業を営んでおり、今後1年以上事業を継続する意思があること

 

 

(2)選択した比較対象年の1月から12月の間の連続する6ヶ月の事業収入(売上)の合計額が60万円以上であること

 

 ※比較対象年・・・令和元年または令和2年

 

 

(3)選択した令和3年1月から12月の間の連続する6ヶ月の事業収入(売上)の合計額が比較対象年の同期間の合計額と比較して15%以上減少していること

 

 

※特別な事由により令和元年または令和2年の事業収入(売上)と比較することができない場合は、平成30年年と比較することができます。

※令和2年中に新規開業・創業し、上記期間が6か月に満たない場合は、事業開始月から令和2年12月までの事業収入(売上)の平均額を6倍した額と比較します。

 

 

給付額 

 

選択した比較対象年の1月から12月の間の連続する6ヶ月の事業収入(売上)の合計額に、下記条件の基準率(15%・20%)を掛けた額(※1事業者1回の申請まで)

 

減収率 基準率 上限額
15%以上20%未満の場合 15% 30万円
20%以上の場合 20% 50万円

 

下記のEXCELファイルで給付額を計算でします。(印刷すればそのまま申請書となります)

申請書(自動計算).xlsx(25KB)申請書(手書き用).pdf(275KB)

 

 

 

(1)申請書(宣誓書含む)

 ※申請書設置場所 役場(コロナ対策室)・白神八峰商工会・漁協北部総括支所

 

 申請書(自動計算).xlsx(25KB)申請書(手書き用).pdf(275KB)

(2)確定申告書の写し(住民税申告の方は住民税申告書) ※比較対象年のもの

 ・法人 確定申告書、法人事業概況説明書の控え

 ・個人 確定申告書(青色)、所得税青色申告決算書の控え

 ・個人 確定申告書(白色)又は住民税申告書、収支内訳書

 ※上記書類は、前回提出している場合省略できます

 

(3)比較対象期間の前年売上高及び今年の売上高がわかるもの(売上台帳・各種帳簿)の写し

 

(4)振込先口座の通帳の写し(前回と同じ口座の場合は不要)

(5)本人確認書類(運転免許証・保険証等)の写し※個人の場合

   

 

 提出先

問合せ

 

 申請期間  令和3年7月1日~令和4年1月31日(必着) ※出来るだけ郵送でお願いします

 

 郵送提出

 〒018-2502

  八峰町峰浜目名潟字目長田118番地

     八峰町役場 新型コロナウイルス総合対策室 宛

 

 持参提出 八峰町役場 2階 新型コロナウイルス総合対策室

 ※持参提出の場合は、事前に電話予約をしてください

 

 電話番号 74-7474(平日午前9時~午後5時)