「八峰町安全安心なまちづくり推進事業』~危険な空家・ブロック塀・樹木除去~

2022年3月25日

 

・自然災害が猛威を振るっています!!!

 

・あなたが管理する空家やブロック塀、大木は大丈夫ですか! 

 

・町では、自然災害などによる空家やブロック塀等の倒壊、倒木等を未然に防ぐため、 危険な構造物の除却や改修工事、危険木の伐採等に対して補助金を交付します。

  

  

補助対象となるもの(以下「対象物」という。)

  

1.危険な空家

〇個人が所有するもの
八峰町空家等の適正管理に関する条例第8条第1項の規定による指導、又は助言を受けていること。若しくは、指導、又は助言の必要なもの

〇床面積が20平方メートル以上であること。
〇所有権を除く物権又は賃借権が設定されていないこと。
〇所有者等が故意に破損させた空き家でないこと。
〇「空家危険度調査票」の採点の合計が40点以上であること、若しくは昭和56年以前の建物で「空家等実態調査・外観調査票」の総合評価がA又はB以外であること。
 

2.危険なブロック塀等

〇個人が所有するもの
〇道路等や児童利用施設等に面しているブロック塀等であること。
〇安全性が確認できないブロック塀等であること。(町の調査により、除却等の指導が必要なもの)
〇撤去するブロック塀等の高さは、地面から概ね1m以上のもので、延長が概ね3m以上であること。

  

3.危険な樹木

〇個人が所有するもの
〇強風等により倒木した場合に危険となる道路等や児童利用施設等、住宅等より概ね20mの範囲に面している樹木であること。
〇直径が概ね20cm以上で、かつ樹高が概ね5m以上であること。

 

 

補助対象者について

 

町税等の滞納が無い方で、支援事業ごとに次の要件を満たす方 

 

1.危険な空家
(1)
対象物の登記事項証明書等に所有者として記録されている者またはその相続者

 

 (2)(1)より委託を受けた方

 

2.危険なブロック塀等
(1)
対象物の所有者またはその相続者

 

 (2)(1)より委託を受けた方

  

3.危険な樹木
(1)
対象物の所有者またはその相続者

 

 (2)(1)より委託を受けた方

  

 

補助金額等について 

 

1.危険な空家
(
補助率)1/2

 

 (上限額)500,000

 

 

2.危険なブロック塀等
(
補助率)1/2

 

 (上限額)300,000

 

3.危険な樹木
 (補助率)1/2

 

 (上限額)200,000

 

 

 

詳細については、チラシや交付要綱(リンク有り)等をご確認ください。

 チラシ等.pdf(147KB)

 

 Q&A.pdf(142KB)

 

 

  様式(申請書~実績報告書).xlsx(112KB)

 

お問い合わせ

総務課
防災まちづくり室
電話:0185-76-4666
ファクシミリ:0185-76-2113